医院だより

2018.07.24更新

猛暑日が続いています。暑いと必然と汗の量も増えて、アセモもできやすくなります。首、肘、膝などの関節部分や下着のゴムがあたる場所にかゆくて赤い発疹ができます。シャワーで洗い流すだけでも症状は改善します。外出先でシャワーがない場合は水でぬらしたタオルで拭くのも効果的です。汗は体温調節や皮膚の保湿のための大事な役割を担っていますが、汗をかいたままにしていますと汗の成分でかぶれてアセモになってしまいますので、できるだけ早く洗い流したり、ふきとるようにしましょう。

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.07.24更新

7月23日大暑の日、熊谷では41.1℃と過去最高の気温を記録しました。

暑いと体温調節のため汗をかきます。大量の汗をかくと、体に常在するマラセチアというカビが繁殖して毛穴に入り込み、マラセチア毛包炎というニキビの様な皮膚病を発症することがあります。

スポーツ選手や肉体労働をする方に多くみられる皮膚病です。

胸、背中、肩に赤みを帯びたニキビ様の発疹が出たら、マラセチア毛包炎かもしれません。顕微鏡検査で直ぐ診断ができます。治療は抗真菌薬の外用で2週間くらいで治ります。

市販の抗菌薬入りのボディーソープも効果があります。胸、背中、肩にニキビ様の発疹ができたら、皮膚科専門医を受診して下さい。

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.07.18更新

8月

8月18日(土)は午後17:00まで診療いたします。

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.06.29更新

6月3日日曜日 柴又100キロマラソンの60キロの部に参戦してきました。

晴天の当日 6時間51分で完走できました。

ネッククールタオルと給水所の水浴びで、暑さはあまり気になりませんでしたが、50キロ過ぎから両脚がけいれんして、走ったり歩いたりの繰り返しになりました。

皮膚科医として日焼け対策は万全を来したつもりでしたが、汗と水浴びで日焼け止めは流れ落ち、6時間以上夏の日差しにさらされました。

おかげでこんがり焼けてしまい、皮膚科医としては失格の醜態をさらしています。

健康のため、適度の運動は推奨しますが、炎天下での運動は控えましょう。シミ、シワの原因にもなりますし、熱中症の危険にもさらされます。

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.06.29更新

夏は虫刺されや湿疹、アセモにかかる機会が増えます。

かゆくて掻いていると、ブドウ球菌というばい菌が皮膚に侵入してトビヒなることがあります。

虫刺され、湿疹を早めに治して、トビヒにならないよう予防しましょう。

トビヒにかかると、治るまでプールには入れません。

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.06.29更新

水イボは軟属腫ウイルスによる皮膚感染症です。

1年を通して症状はみられますが、プールや水遊びをすることが多くなる夏場に注目されます。

害のない感染症で、免疫ができれば自然に消えるので、基本的には様子をみます。

治療を希望される場合は除去することになりますが、痛みを伴うので麻酔の外用をして痛みを軽くしてから治療をします。

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.06.29更新

カレンダー

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.06.01更新

6月20日(水)は院長が研修の為、午後休診となります。
6月30日(土)は都合により午後休診となります。

201806

 

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.04.24更新

5月13日(日)は休日当番医の為、10:00~16:00まで診療します。
5月16日(水)は院長が埼玉医大研修の為、午前のみの診療となります。

カレンダー

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

2018.04.02更新

カレンダー

投稿者: 医療法人緑会 田口皮膚科医院

前へ
ちょっとしたかゆみから、悪性腫瘍・美容施術まで。皮膚のことなら何でもご相談ください。 田口皮膚科医院 TEL:048-473-8889 〒353-0004  埼玉県志木市本町6-18-5 医療ビルB1F ちょっとしたかゆみから、悪性腫瘍・美容施術まで。皮膚のことなら何でもご相談ください。 田口皮膚科医院 TEL:048-473-8889 〒353-0004  埼玉県志木市本町6-18-5 医療ビルB1F

sp_tel.png